2023年 ブリーダーズゴールドカップJpnIII|第35回|NAR公式

2023年 ブリーダーズゴールドカップJpnIII|第35回|NAR公式

2023年 ブリーダーズゴールドカップJpnIII|第35回|NAR公式

[競走概要]
第35回ブリーダーズゴールドカップJpnIII
2023年8月17日(木)
門別競馬 第11競走 2000m(右)
天候:晴 馬場:稍重

[馬番/出走馬/騎手(所属)]
1番/カラフルキューブ /鮫島駿(JRA)
2番/パライバトルマリン/戸崎圭(JRA)
3番/ルージュジャドール/黒澤愛(北海道)
4番/ウワサノシブコ  /桑村真(北海道)
5番/グランスラムアスク/坂井瑠(JRA)
6番/テリオスベル   /江田照(JRA)
7番/プリティーチャンス/富田暁(JRA)
8番/ネーロルチェンテ /石川倭(北海道)

[競走成績]
%2F08%2F17&k_raceNo=11&k_babaCode=36

[レース紹介]
南関東以外で実施される唯一の古馬牝馬のダートグレード競走(JBCレディスクラシックJpnIを除く)。地理的なものもあってか、出走馬はほぼJRAと北海道。2014年にこのレースで重賞初勝利を挙げたサンビスタ(JRA)は、その年のJBCレディスクラシックJpnI(盛岡)を制すると、翌15年には牝馬として史上初となるチャンピオンズカップGI制覇。また21年のマルシュロレーヌ(JRA)は、このレースを勝って臨んだアメリカのブリーダーズカップ・ディスタフGIで日本調教馬として初Vを挙げる偉業を成し遂げ、NARグランプリ特別表彰馬を受賞した。(前田 恒)

[歴史]
1989年、当時としては数少ない中央との交流重賞として創設。94年までは札幌2400m、95年からは旭川2300mとなり、同競馬場の廃止にともない09年からは門別2000mで行われている。97年にGIIに格付けされ、その後に地方馬が勝ったのは、馬インフルエンザの影響でJRA馬が全頭競走除外となった07年のギルガメッシュ(北海道)が唯一となっている。14年からは牝馬限定のJpnIIIとしてリニューアル。その年からグランダム・ジャパン古馬シーズンの対象競走にもなっている。(前田 恒)

▼ダートグレード競走の詳細はこちら

Twitter
Instagram
Facebook

#ブリーダーズゴールドカップ #ダートグレード競走 #地方競馬

動画カテゴリの最新記事